振袖レンタル・販売、卒業袴レンタル、着物ageha|三重県津市のPA-ru-LE(パルレ) 松阪

知っておきたい!振袖のお手入れと保管方法

振袖成人式だけでなく、結婚式や結納、卒業式など様々なシーンで身につけることができます。結婚後は訪問着に仕立て直したり、古くなった振袖を今風にリメイクすることも可能です。正しいお手入れや保管方法を知ることで大切に長く着ることができるので、ぜひ覚えておきましょう。

◆ 振袖を着た後のお手入れ

着用後の振袖は汗を含んでいるため湿っています。その湿気を取り除くためにも、着物用ハンガーにかけて一晩吊るしておきましょう。一晩吊るすのが難しい場合は、風通しの良い場所で陰干しするだけでも湿気を放出してくれます。

その後、乾いたタオルで振袖についたホコリを落とし、シミや汚れがついていないかチェックしてください。
汚れやすい半衿を洗う時は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯でやさしく手洗いします。

シワが目立つ部分は、あて布を使ってアイロンでシワを伸ばしてから収納してください。汚れやシミが目立つ場合は、無理に落とそうとせずにクリーニングに出すことをおすすめします。

◆ 振袖の保管方法

振袖は通気性の良い場所で保管するのが大切ですが、湿度の高い日本では収納する前にしっかりお手入れしても、長い間しまったままでいるとカビや虫食いが発生する可能性があります。

そのようなトラブルを避けるために、当店では「着物安心パック」に入れて保存することをおすすめしております。
一般的には、衣装ケースの中に乾燥剤や防虫剤を入れて保管しますが、期限が過ぎた乾燥剤や防虫剤を入れっぱなしにしているとシミの原因になります。

また、一年に一度は「虫干し」をして振袖に風を通してください。この時、直射日光に当てると布地にダメージを与えてしまうので、振袖を表裏に返して陰干ししましょう。それから、片付ける時は振袖を入れた衣装ケースの近くに髪飾りや帯、足袋、半衿などの小物一式をまとめておくと、探す手間が省けます。

一生に一度の成人式を華やかに飾る振袖をお探しでしたら、当店をご利用ください。伝統的な古典柄から着物アゲハにも掲載された派手な柄、トレンドを押さえた人気の柄など、多彩な振袖を揃えております。

髪飾りや草履、バッグ、ショールなどの小物だけのレンタルも可能ですので、「髪飾りだけレンタルしたい」「ショールを組み合わせたい」などのご希望にも対応できます。振袖のご購入はもちろん、お手頃な価格でご利用いただける振袖の店舗レンタルや、自分のサイズに合わせて振袖をお仕立てしたオーダーレンタルのご注文も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP