振袖レンタル・販売、卒業袴レンタル、着物ageha|三重県津市のPA-ru-LE(パルレ) 松阪

写真撮影時におすすめのポージング

成人式の振袖姿や卒業袴姿は、いつまでも残しておきたい特別な思い出です。ネットレンタルやオーダーメイドで見つけたお気に入りの一着を着て撮影をする時は、ポーズをつけることで素敵な写真に仕上がります。

こちらでは簡単にできるポージングをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

◆ 立ち姿で撮影するなら

もともと着物は体のラインを出さないように着る衣装のため、正面を向いて写真を撮ると帯などによって太って見えてしまいます。ですので、立ち姿で撮影する時にはカメラに向かって少し斜めになり、内股気味で立ちましょう。そうすると女性らしいラインが出て、スッキリとした印象になります。

袴姿は振袖よりも動きやすく様々なポージングが楽しめますが、ウエスト位置が高く上半身が目立つため、猫背にならないように意識するのがポイントです。

◆ 座った状態で撮影するなら

椅子に座った状態で写真撮影をする場合は、着物の柄が見えるように体を少し斜めにし、足も斜めに流すようなイメージで浅く腰掛けます。

この時、足を少し引き気味にすると上品な印象になり、膝頭を10cm程離して座ると上前の柄がきれいに出ます。
袖の柄もきれいに写るよう自然に広げ、手は膝の上で左手を上にして重ねましょう。

◆ 着物の柄を見せるポーズ

振袖と上前の柄がまるで1枚の絵のように見える袖を広げたポージングは、振袖の美しさと華やかさを一瞬で伝えることができます。肘から先が床と平行になるようにして両手を広げる、もしくは片手だけ広げたポーズでも着物の柄がきれいに見えます。

お友達数人と並んで撮る場合も、おすすめのポージングです。背面の柄と帯結びを撮影する時も同じ要領で、少し振り返るようなポーズをとると雰囲気のある写真に仕上がります。

◆ 手で動きを出す

写真撮影時は手を使ったポーズが多くなりますが、その時は腕が丸見えにならないよう注意しましょう。顔周りや衿元にさりげなく手を添えたポーズは動きが出るので、すらっと上品に見えて写真映えします。

また、バッグを持っている時も腕を下ろすのではなく、肘を軽く曲げて、体の横よりも前で持つと女性らしさをアピールできます。

振袖や卒業袴のネットレンタル・購入をお考えでしたら、ぜひ当店をご利用ください。当店では、雑誌にも掲載された人気振袖や卒業袴の購入はもちろん、フルセットレンタルも可能です。

前撮りや当日の着付け・ヘアメイクなどもトータルでサポートいたしますので、大学小学校の卒業式、成人式、結婚式など、和装をする機会がありましたらお気軽にご相談ください。また、当店では店舗レンタルも行っております。三重県津市に3店舗構えておりますので、美しく装った着物姿をぜひご自身の目でご覧になってみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP